大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

  1. Home
  2. >
  3. > > 小笠原 義弘先生(ベース) 2010USツアー記⑥

小笠原 義弘先生(ベース) 2010USツアー記⑥

作成日:2010/04/22

100422_001●Friday,March 12 Old Rock Town St.Louis、Missouli

そして私達は大好きな街セントルイスにやってまいりました。ミシシッピー川が目の前を流れ、西部開拓の象徴(ま、アメリカの歴史は知りませんが、先住民族との戦いやらなにやらで、まことに戦争の絶えない国ですな)である The Urch(よくわからね~が)が聳え立つ街、St.Louis!!


100422_002このクラブには初めてでして、毎回寄っていたBB&SOUP~という所よりは全然でかく、ステージも高くてちょっとしたホールみたいでした。


100422_003概観はこのような美しさ。サウンドチェックを済ませてからご飯を頂いたのですが、またもやプライムリブ(笑)ここもはかなりスモークしていたので好みではなかったのですが、旨かったワイ!!


100422_004そのあと、ホテルに向かう途中ではなぜか花火が(笑)。何の花火かはしりませんがね。はい。そして、本番前にクラブに戻り、ステージに向かうとほぼ満員のお客さんがすでに勝手に盛り上がり、私達の演奏もとても良かったので更に相当盛り上がりましたわ。


100422_005●Saturday,March 13 Uncle Bo’s Topeka,Kansas

西部的なニュアンスがとても強く感じるここKansas。この街は州都でして、立派なState Captalな建物が私たちを迎えてくれました。この上が丸くなっていて先が尖っている建物です。


100422_006ホテルの地下にあるこのクラブはブル-ズをメインにしたスケジュールを組んでいまして、オーナーはとてもいい感じの女性!


100422_008スタッフもサウンドマン以外全て女性という女の園でしたが、まぁそれは良いとしまして、ステージはクラブ的でとてもいい感じでサウンドマンもとても優秀な人で気持ちよくサウンドチェックを済ませましたわ。


100422_009この日の食事はテラピア(白身魚で、今一歯ごたえが無いが味はたんぱくで嫌いではない)とライスをどうかしたようなものでしたがしっかりと頂きました!お客さんも満席になるほどの盛況振りで、最終的には無茶苦茶盛り上がってしまいましたがな~。この日からアメリカはサマータイムに突入(なかなか覚えられないのだが、多分この日からです。1時間時間が進むわけです)しました。いわゆる農作業に従事している人の労働時間をちゃんとするために取り決められたのでしょうね(おそらく)。


日本とは勝手が違うので勘違いしたりしますが、最近の携帯電話は海外でも使えるので、自動で切り替わります。アメリカ本土だけで言えばアトランティックタイム(東海岸~インディアナ)、セントラルタイム(インディアナ~コロラド)、マウンテンタイム(コロラド~)、パシフィックタイム(~ロス)←調べといて(笑)解ったらまたおくります。と3時間の時差があるわけです。そらぁ~でかいわな~。カンサスから更に西のネブラスカに向かいます。


100422_010

●Sunday,March 14 Zoo Bar Lincoln Nebraska

178マイル移動しました。かなり何も無いといいますか、畑が地平線まで広がる地帯。多分アメリカのご飯事情を支えているアリアなのでしょうね。たまに生命反応があってもこちらの方やったりします。ショーが続いているのでもう声もガラガラに成ってきていますので(私やないよ~)、移動中はあまりしゃべらないように心がけます。しゃべったら盛り上がりますからツイツイ大声になりますから。約2時間で州都であるこの街にやってきました。この街にはネブラスカ大学があり、とてもアメリカンフットボールが盛んでして、前回来た時は町中がカレッジカラーの真っ赤な服の人を来た人で一杯になっていましたからね。


100422_012このクラブはとても名門で、3大キングやら有名なブルーズマンはほぼ出演しているいわゆるブルーズクラブの老舗です。大体日曜日は日本みたいにパチンコや競馬みたいなギャンブルもなく(CASINOはありますが)最大の楽しみはアメフトで、日曜にライブをしても閑古鳥が鳴き倒すことが多いのですが、この日はしっかりと満員になっていました!!しかもカレッジバスケットボールのトーナメントが始まっていたのに!!嬉しくなりました。となりのGYRO(旨いのです)屋のおっさんと2年ぶりに再会し優秀な味を確かめ本番に突入。前日に寝違から来る筋の痛みのためにいつもみたいに激しく出来なかったですが、まぁそれはそれでさらに冷静さをキープした感じのプレイが出来たので良かったのではと。しかも動くスペースはあまり無いのと翌日からオフになるのとでピンチはなんとか回避できましたわ。


100422_011しかし今まで気づかなかったのですが、ステージの後ろにこのような非常に優秀なアンプが置いて在りました。ほっほっほっ ほしぃ~。


100422_013で、この街には静岡住んでいた事のあるアメリカ人のロバートさんが日本料理店を経営しています。毎回ご馳走になってしまいます。日本語はペラペラです。


100422_014メニューもこの通り!しかも毎年理のクォリティーは上がります。熱心なのでしょうね。この日もこのようなご馳走を振舞ってくれました!!ね、凄いでしょ!


100422_015この巻き寿司はネブラスカロールでとても美味しかったです。特にニギリは娘のキャサリン(15歳、台湾とアメリカのハーフ)が作ってくれたので格別でした!


100422_016泰三さんは彼となぜか西宮の話で盛り上がっていましたわ。皆さんもこの街に行くことが有りましたら必ずこの WASABIに顔を出してくださいね!!!