大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。大阪にあるボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すための総合音楽専門学校。

CATで学べること
  1. Home
  2. >
  3. CATで学べること
  4. >
  5. 学科・専攻
  6. >
  7. 総合学科 総合スタッフ専攻

総合学科 総合スタッフ専攻

総合学科総合スタッフ専攻

総合学科 総合スタッフ専攻

目指せる職業

●PAエンジニア ●照明スタッフ ●ライブハウススタッフ ●マネージャー ●コンサート制作スタッフ ●映像クリエイター ●MAエンジニア など

資格取得

●映像音響処理技術認定試験 ●フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 ●足場の組立て等特別教育

PA、照明、映像、制作…
スタッフ系のプロへの道を進む!

PA、照明、映像、制作など音楽業界のスタッフとして必要な知識と技術をトータルに学びながら、将来の方向性を決めていきます。ステージの演出法など、実習を通して現場特有のさまざまな工夫を経験でき、イベントの企画・運営などに求められる提案力も習得できます。

3 POINTSステージスタッフとしてのあらゆる知識・技術を網羅!

POINT1スタッフ/エンジニア分野を総合的に学ぶ

音響・照明・イベント制作・映像制作など、スタッフ分野を総合的に学習。将来像をより具体化でき、興味のある分野や適性などを自ら判断できます。

POINT2学内外のステージでプロの現場を経験する

学内外でコンサートやライブイベント、フェスなどを通じてプロの現場も経験。授業や実習と合わせて経験を重ねることで、進路を具体化していきます。

POINT3進路が具体的になれば転専攻でより専門的に

音楽技術学科の専門分野の専攻へ転専攻することが可能。専門分野の実習時間も増え、就職活動などより具体的に進めていくことができます。

スタッフ系を総合的に学ぶ!!スタッフ・エンジニア分野

総合スタッフ専攻の先生たち
THEACHER'S VOICE

学生時代に築いたつながりは、
一生の財産になります。

CATには、アーティストや技術スタッフ、クラフトマンなど、さまざまなプロを目指す学生たちが学んでいます。そのため、同じ業界を目指す者同士でコミュニティが生まれやすい環境です。学生時代に築いた横のつながりは一生の財産。CATでたくさんの仲間たちと出会い刺激し合いながら、これからのエンタテインメント業界を切り開いていきましょう。

映像制作実習
村上 健先生

学生時代より映像制作を開始し、卒業後よりフリーランスとして活動。ライブイベントの撮影をはじめ、さまざまなシーンで活躍している。

いろんな音楽を聴くこと。
それが夢への近道です。

私は、学生たちには、さまざまなジャンルの音楽を聴いてほしいと思っています。また、ときには歌ったり、踊ったり、演奏したりしながら、体全体でその音楽を感じてほしいですね。その繰り返しの中で、音楽をもっともっと好きになり、音楽の世界に進む意欲がますます高まります。そうすれば、卒業後、現場に出た後も楽しみながら、大きく成長できます。

ミキシング
松川 貴陽先生

PA、レコーディングに加え、NMB48の劇場の音響エンジニア・マニピュレータとしても活躍するマルチエンジニア。

カリキュラムCURRICULUM PICK UP

PA実習 12

マイクケーブルの巻き方、代表的なマイクの識別、また後期では小規模PAシステムのセッティングも学習。学内検定に合格すると企業研修に参加できます。

DTP 2

広報やプロモーションに不可欠なIllustratorやPhotoshopの基本操作を学習。イベントフライヤーや誌面、CDジャケットの制作基盤を実習で習得します。

ミキシング 12

アナログ・デジタルのミキシングについて、ミキサーやPCを使用しながら学習していきます。実践作業を中心にミキシングの基礎知識を習得します。

照明実習 12

照明器具の取り扱いなどを学びながら、実践的な「仕込み」を学習。後期では調光操作卓の操作方法や楽曲とキューシートに沿ったオペレーションを行います。

照明工学 12

前期は舞台用語や照明用語、直流電流を学習。後期からは引き続き専門用語や照明器具の構造、フィルターの種類、舞台照明設備などについて学びます。

映像制作実習 12

映像作品の企画・制作から業務用の動画カメラを使った撮影や、業界最先端の動画編集ソフトでの編集、配信用アプリケーションOBSを使った動画生配信から各種スイッチャーの操作まで、映像に関わる全般を学びます。

音響工学 12

エンジニアにとって必要な知識を講義形式で学んでいきます。音の基礎や用語解説のほか、実際に現場で使う機材の概要や構造も学習します。

企画制作 12

照明・PA・映像それぞれの連携を理解するため、イベント制作の観点から実習を行います。実際に各分野と連携し、さまざまなイベントの企画も行います。

ビジネスマナ— 12

仕事への取組姿勢、挨拶や名刺交換の仕方など社会人としての常識を学び、履歴書の書き方、面接対策など就職活動に役立つスキルも身につけます。

ビジネスソフト 1

パソコンを使用し、ビジネスソフトの使用方法を学びます。文書の書き方やプレゼンテーション資料制作など、ソフトウェアの理解だけでなくプレゼンテーションするノウハウも学んでいきます。

11年次で学ぶカリキュラム 22年次で学ぶカリキュラム

1年次カリキュラム

コンサートスタッフに不可欠な知識と技術の基礎を身につけます。PA、照明、映像、制作などについて学びます。
1年時間割例
19:30~11:00   PA実習1   映像制作実習1 ミキシング1
211:10~12:40   PA実習1   映像制作実習1 音響工学1
313:30~15:00 照明工学1   ビジネスソフト 照明実習1 ビジネスマナー1
415:10~16:40 音楽業界概論1   企画制作1 照明実習1  
516:50~18:20 5限目以降の時間はセレクトカレッジやスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで)

 

2年次カリキュラム

多彩な実習やゼミを通して制作の技術を学ぶとともに、イベントの企画・運営のノウハウも総合的に習得します。
2年時間割例
19:30~11:00     企画制作2   PA実習2
211:10~12:40 DTP 音響工学2 ビジネスマナー2   PA実習2
313:30~15:00 音楽業界概論2 照明実習2 ミキシング2 映像制作実習2  
415:10~16:40 照明工学2 照明実習2   映像制作実習2  
516:50~18:20 5限目以降の時間はセレクトカレッジやスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで)

※カリキュラムは2022年度予定カリキュラムです。タイトル・内容・時間割など、変更になる場合があります。

Student's Q&A

  • 入学の決め手

    音響や照明、映像、さらにはイベント制作まで、いろいろなことを学べるところに魅力を感じたからです。

  • 校内のお気に入りの場所

    CAT HALL!実習の現場です!

  • 大好きな先生

    担任の小池先生。バンド活動もされていて憧れの先生です。現場の“リアル”を教えていただけるのも大変勉強になります。

  • 大事にしているモノ

    MacBook!授業でも使うし、私のすべてが詰まっています。

  • 10年後の自分

    コンサート・イベント制作会社で売れっ子になっている!はずです。

  • 将来の夢

    大好きなキュウソネコカミさんと、一緒に仕事をすることです!

U.Aさん(大阪府立福井高等学校出身)

Student's Voice

夢は、好きなアーティストに
ピンスポットを当てること!

音楽業界のスタッフになりたいと思いながらも、具体的な職種を決められていなかったので、総合スタッフ専攻を選びました。授業では音響、照明、映像、企画制作など、さまざまなことを学んでいます。いまの目標は、ライブハウスでピンスポットを任せてもらえる照明スタッフになることです!

K.Sさん(三重県立伊賀白鳳高等学校出身)

2年間の一番の思い出

研修で大好きなアーティストに出会えました!

イベント運営の研修に参加した際に、大好きなアーティストと出会えました。また、たくさんの研修に挑戦することで、ステージスタッフに必要なスキルや心構えを身につけることができました。