大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

CATで学べること
  1. Home
  2. >
  3. CATで学べること
  4. >
  5. 学科・専攻
  6. >
  7. 音楽技術学科 音楽ビジネス専攻

音楽技術学科 音楽ビジネス専攻

音楽技術学科音楽ビジネス専攻

音楽技術学科 音楽ビジネス専攻

目指せる職業

●イベントプランナー ●レコードメーカースタッフ ●コンサートスタッフ ●音楽雑誌編集者 ●アーティストマネージャー ●音楽ライター など

資格取得

●イベント検定 ●ビジネス能力検定 ●足場の組立て等特別教育

音楽・エンタテインメントビジネスのプロフェッショナルへ

コンサート制作やアーティストマネージメント、メディア制作など多岐にわたる音楽ビジネスについて総合的に学べる専攻です。コンサート制作を中心にプランニングからアーティストブッキング、コンサート告知、コンサート実施など、人やメディアとのかかわりを学びながらさまざまな職種について理解を深めていきます。学内外のライブやフェス、企業研修での現場経験などを身につけ、即戦力となる人材育成を行っています。

3 POINTS音楽・エンタテインメント業界で活躍できるビジネススキルを磨く!

POINT1音楽ビジネスの分野を総合的に学ぶ

コンサートの企画制作やアーティストマネージメント、メディア制作といった音楽・エンタテインメントビジネスについて幅広く学習し卒業後の進路選択の参考にします。

POINT2現場経験を数多く積む実践力をつける

行事やコンサートの研修、フェス、産学協同特別授業などを通じて現場を数多く経験します。ライブハウスでの独自イベントを企画制作し実習も行います。

POINT31年次の基礎学習を踏まえ、より専門的な実習を実施

2年次では、アーティストマネージメントやコンサート、イベント制作などさまざまな業務との連動性を学びながら音楽業界と同じ環境で実習を進めていきます。

プロの講師が直接指導!!実践力を身につける

コンサート企画制作

学内外のホールを使ってコンサートを制作
企画・制作・アーティストブッキング・告知・当日の運営など、すべての工程を学生のみで行います。アーティストブッキングでは所属事務所との交渉なども行います。すべての工程を協力しながら進めていくことで実践力を身につけます。

アーティストマネージメント

実践を積みマネージメント力を磨く
実践的な実習としてCAT生アーティストを発掘し、マネージメントする実習を行っています。CDのリリースやレコ発ライブの企画・制作、外部イベントへのブッキングなど、実際のプロダクションで行われている内容をそのまま学生が行います。

音楽ビジネス専攻の先生たち
THEACHER'S VOICE

音楽の世界で生きる
喜びを感じてもらいたいです。

ライブイベントの企画制作に関する実習については、学生たち一人ひとりがドキドキしながら、やりがいを感じられるよう、心がけています。そのためにも、どんなコンセプトにするか、キャスティングやプロモーションはどうするか、など、学生と向き合いながら、一緒になって進めます。プロの視点からフォローしながら、現場の厳しさ、また、それ以上の楽しさ、喜びを伝えていきたいと思います。

企画制作実習
中川 伸明先生

ライブイベントのプロデュースなどを手掛ける企業で手腕を振るう。2016年ESAKAMUSEの店長に就任。

学生たちの熱意に
私たちも全力で応えます!

どんな実習や授業でも責任感を持って、果敢にチャレンジする学生たちの姿は大変美しく、私も日々、元気や勇気をもらっています。この熱意に応えるためにも、一人でも多くの学生たちが夢を叶えられるよう、全力で授業や実習に臨んでいます。先日、東京の収録スタジオで活躍する卒業生と、現場で一緒になったときは、本当にうれしくて、講師として大きなやりがいを感じました。

コンテンツ制作
藤原 成史先生

ラジオの番組制作や収録、音響制作などをマルチに手掛け、フリーランスのレコーディングエンジニアとしても活動。

カリキュラムCURRICULUM PICK UP

マネージメント実習 1

アーティストの発掘や育成、スケジューリングなどプロダクション業務全般を学習。各メディアの特性や著作権、ファンクラブ運営のノウハウも学びます。

イベント概論 1

資格認定指定校としてイベント検定合格に向けた授業を開講。(社)日本イベント産業振興協会による教材でイベント企画、制作知識を深めます。

音響実習/照明実習 1

音響や照明に関する基礎知識を学習。仕込み~本番~バラシなどの作業の理解と経験は、今後の企画制作やスケジューリングなど多様な場で役立ちます。

企画制作実習 12

ライブイベントの企画、制作、実施を通して仕事の進め方などを習得。学内外のホール・ライブハウスで集客や売り上げなど、実践的な実習を重ねます。

ソーシャルメディア 1

ソーシャルメディアの活用方法について学習。HPやブログを通して、プロモーション、広告、PR活動などWEBマーケティングについても理解を深めます。

プレゼンテーション 2

自身がプランニングした企画を第三者に伝えるためのプレゼンテーションや、就職活動における自分自身のプレゼンテーションを学びます。

音楽ライターゼミ 12

CDレビュー、ライブレポート、アーティスト紹介などの原稿作成を通して文章力を高めます。メジャーアーティストへのインタビューや取材も行います。

DTP 12

広報やプロモーションに不可欠なIllustratorやPhotoshopの基本操作を学習。イベントフライヤーや誌面、CDジャケットの制作基盤を実習で習得します。

ビジネスソフト 12

パソコンを使用し、ビジネスソフトの使用方法を学びます。文書の書き方やプレゼンテーション資料制作など、ソフトウェアの理解だけでなくプレゼンテーションするノウハウも学んでいきます。

11年次で学ぶカリキュラム 22年次で学ぶカリキュラム

1年次カリキュラム

音楽業界の基礎を学習。フライヤー制作やプロダクション業務、SNSの活用方法、ライブの企画、制作などを身につけます。
1年時間割例
19:30~11:00 音楽史   イベント概論 ソーシャルメディア  
211:10~12:40 DTP1 ビジネスソフト1 ビジネスライティング 音楽ライターゼミ1  
313:30~15:00 音響実習/照明実習 ビジネスマナー1 企画制作実習1   マネージメント実習
415:10~16:40     音楽業界概論1   マネージメント実習
516:50~18:20 5限目以降の時間はセレクトカレッジやスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで)

 

2年次カリキュラム

2年次には、コンサート制作やマネジメントを通じてよりクオリティの高い学内外のイベント制作を行います。また、メディアミックスなど広報的な面も含めトータルに学習していきます。
2年時間割例
19:30~11:00   コンサート企画
制作実習
企画制作実習2 コンテンツ制作  
211:10~12:40 プレゼンテーション コンサート企画
制作実習
企画制作実習2 音楽業界概論2 ビジネスソフト2
313:30~15:00 音楽ライターゼミ2 メディア
制作実習
    ビジネスマナー2
415:10~16:40   メディア
制作実習
    DTP2
516:50~18:20 5限目以降の時間はセレクトカレッジやスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで)

※カリキュラムは2021年度予定カリキュラムです。タイトル・内容・時間割など、変更になる場合があります。

Student's Voice

1年生未来のスターを発掘して、一緒にツアーを回りたい!

CATに入学した決め手は、マネジメントと企画制作を同時に学べるカリキュラムに魅力を感じたからです。現在は、ラジオ制作やマネジメント、イベントの企画制作に加えて、音響や照明に関する基礎的な技術や知識を学んでいます。授業以外にも、地域のイベントや大型フェスまで、多彩な現場で学べる研修があることも、CATのステキなところです。夢は、全国的にブレイクしそうなアーティストを発掘して、一緒にツアーを行うこと。実現を目指して、在学中に必要なスキルをしっかりと身につけていきたいと思います!

I.Mさん(兵庫県立洲本実業高等学校出身)

My Favorite

ノートとペン

いつでも大事なことをメモできるように、持ち歩いています。

2年生チャレンジ精神を忘れず、 音楽ビジネスに携わりたいです!

CATには何でも積極的に挑戦できる環境があります。私の場合は自主的にイベントを企画して、実践的に学ぶことができました。先生からいただいた「失敗はマイナスではなく、自分の経験値としてプラスになる」という言葉を胸に、卒業後もがんばります!

F.Hさん(大阪府立日根野高等学校出身)

2年間で一番成長できたこと

「失敗はプラスになる」。胸に刻んでいきたいです。

ビジネスマナーについて学ぶ授業で、先生が「失敗はプラスになる」とおっしゃっていました。この言葉をいただいてからは、失敗を恐れずになんでも積極的にチャレンジしよう!と思えるようになりました。