大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

CATで学べること
  1. Home
  2. >
  3. CATで学べること
  4. >
  5. 学びのサポート

学びのサポート

CATで夢を叶える!!安心の学びのサポート環境!!

CATで過ごす2年間は、楽しくて充実した音楽漬けの毎日!通常の授業に加え、実際のイベントでの実践形式の授業やライブ、イベントも盛りだくさん!さらに公開オーディション、シューカツ対策講座など、プロデビューや音楽業界への就職を強力サポート!スタジオ無料レンタルやセレクトカレッジなど、授業時間以外も学校をフル活用できるから、上手くなりたい気持ちがあればあるほどレベルアップできる環境が整っています。同じ夢を持つ仲間と共に、CATで夢を叶えよう!

SUPPORT1

多彩な学科・専攻ラインナップには理由がある

多彩な学科・専攻ラインナップには理由がある

CATに設置された5学科14専攻は、音楽・エンタテインメント業界をそのまま凝縮したラインナップ。それぞれの専門分野をしっかりと学びながら、ライブやイベントにおいては各学科・専攻が連動しており、やり取りそのものが業界・現場と同じ環境となっています。入学の時点で既にそれぞれの業界の役割に触れ、エンタテインメント業界を体感しながら学んでいく環境となっているのです。
学科・専攻についてはこちら

SUPPORT2

業界直結のカリキュラム

業界直結のカリキュラム

現役のプロフェッショナルを講師に迎え、基礎から応用までしっかりと身につけていくカリキュラムを構築。“やりたいこと”だけではなく、プロフェッショナルになるために“必要なこと”も徹底的に学んでいきます。それぞれのレベルに合わせた一人ひとりをサポートする学びは、ステップアップしていく自分自身を体感することができるはずです。 ※本校は、全ての学科で「職業実践専門課程」として文部科学大臣の認定を受けています。
職業実践専門課程についてはこちら

SUPPORT3

実習教室は
現場と同じ環境

実習教室は現場と同じ環境

CATでは、業界直結のカリキュラムをより現実のものとし、業界へ進んでいくための力をつけていくために施設・設備環境の充実を行っています。本館7Fには、公共ホールと同じ仕様を持つCAT HALL。4Fには、プロのミュージシャンも使用するレコーディングスタジオ。国内外から注目を浴びる、ミキシング実習室など、充実した施設設備環境を誇ります。
施設・設備についてはこちら

SUPPORT4

業界との密接なつながりを活かした
産学協同特別授業!!

業界との密接なつながりを活かした産学協同特別授業!!

エンタテインメント業界のさまざまな企業と連携しながら、プロの現場を体験する授業です。ライブイベントなどの運営スタッフとして、本物の仕事から得られる喜びや厳しさに触れながら、現場で求められる実践力を身につけていきます。また、自分の目標がより明確になる機会にもなります。
産学協同特別授業についてはこちら

SUPPORT5

セレクトカレッジ

セレクトカレッジ

自分の専攻以外の分野を学べる「セレクトカレッジ」を導入。学生にも人気の授業です。グループ校・大阪アニメーションカレッジ専門学校の分野の授業を選択することも可能となっており、アニメーション分野を含むエンタテインメントにかかわることができるのも特徴の一つです。

セレクトカレッジ (一例)

ボーカル基礎/ギター初級・中級/ベース初級・中級/ドラム初級・中級/キーボード初級・中級/アコースティックギター/セッションアンサンブル/Pro Tools/ダンス入門/DAWで楽曲制作/ウッド・ベース講座/パーカッション講座/アンサンブルワークショップ 他
※開講授業は年度により異なります。

SUPPORT6

資格取得をサポート!

カリキュラムや施設・設備が基準を上回るCATは各団体からの「指定校認定」を数多く取得。取得可能な検定や資格が豊富なので就職活動時に有利です。

舞台機構調整技能士
(2・3級)
国家認定 指定校認定

対象専攻:音響エンジニア専攻

厚生労働省の指定校に認定。在学中に3級の受験資格が与えられます。音響(PA)会社、舞台制作会社への就職などに有利。3級取得後、在学中に2級を取得することも可能です。

照明技術者技能検定
(2級)
民間資格 協約校認定

対象専攻:照明スタッフ専攻

(社)日本照明家協会指定校に認定。卒業時に2級技術資格認定保持者として認定。舞台、テレビスタジオ及び仮設ステージなどでの照明器具全般の操作、配置・保守管理の技術、知識が認められ、スタジオ、ホールなどへの就職に有利。

イベント検定指定校認定 認定試験実施校

対象専攻:音楽ビジネス専攻

(社)日本イベント産業振興協会指定校に認定。指定講座が1年次のカリキュラムに組み込まれ、イベントの企画・準備・開催などに関する知識を習得します。イベントの業務管理者やプランナー、企画・制作・運営業への就職に有利。

サウンドレコーディング技術認定試験技術認定 認定試験実施校

対象専攻:音響エンジニア専攻総合音楽専攻

CATは(社)日本音楽スタジオ協会賛助会員加盟校なので、CATで認定試験が実施されます。1年次で受験可能。スタジオ録音に関わる知識を認定する制度で、能力をA~Eで評価認定します。レコーディングスタジオなどへの就職に有利。

MIDI検定検定試験実施校

対象専攻:ボーカル専攻ギター専攻ベース専攻ドラム専攻キーボード専攻ミュージッククリエイター専攻

(社)音楽電子事業協会が、日本シンセサイザープログラマー協会の協力を得て、電子楽器の共通規格として定められたMIDI規格を広く一般社会に普及することを目的とした技能検定。企画内容の認識・活用レベルを3級及び2級として評価認定します。

映像音響処理技術者資格
認定試験
認定試験実施校

対象専攻:総合スタッフ専攻

ポストプロダクション業務(映像編集・MA)の認定試験。編集スタジオなどの就職に有利。(社)日本ポストプロダクション協会が実施しており、CATは協会の賛助会員校であり、認定試験は毎年学内で行っています。

Pro Tools技術認定試験認定試験実施校

対象専攻:音響エンジニア専攻総合音楽専攻

(社)日本音楽スタジオ協会の認定試験をCATで実施。1年次で受験可能。Pro Toolsに関わる知識を認定する制度で、能力をA~Eで評価認定します。レコーディングスタジオなどへの就職に有利。

ビジネス能力検定

対象専攻:音楽ビジネス専攻

ビジネス能力検定(B検)とは、企業が求めるビジネス能力をどの程度備えているかを客観的に評価する、文部科学省後援の公的資格です。1級から3級まで3つのグレードがあります。

SUPPORT7

学校生活を
バックアップ!

  • 全専攻担任制

    各専攻に担任を配置。一人ひとりの個性や性格をふまえながら、日頃の勉強や就職・進路はもちろん、プライベートなどについても親身になってサポートします。
  • 転専攻システム

    入学後の進路変更も、大丈夫! 入学後でも専攻を移ることができるシステム。学科・専攻の枠を超えて利用でき、必要に応じて早期聴講、特別補講を実施して、スムーズな転専攻を実現します。
  • スタジオ無料レンタル

    学内のスタジオはすべて無料でレンタルできます。課外時間のバンド練習や個人練習などに利用できます。また、卒業後も利用可能となっています。
  • チューターサポート

    放課後など課外時間も授業で習ったことの反復練習が行えます。専門のチューター(講師)が指導にあたりますので、疑問に思っていることもすべて解消できます。

SUPPORT8

フォーエバーサポート

フォーエバーサポート

CATは卒業後もしっかりとサポートしていきます。スタジオの無料レンタルや特別授業の聴講制度など、卒業してからもCAT生をバックアップしていきます!