大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

  1. Home
  2. >
  3. > > JAPRS 新プロ・エンジニア養成セミナー

JAPRS 新プロ・エンジニア養成セミナー

作成日:2016/06/29

去る6月11日(土)スタジオグルーヴにて、一般社団法人日本音楽スタジオ協会(JAPRS)が主催するセミナー「新プロ・エンジニア養成セミナー」が開催され、2年音響エンジニア専攻のレコーディングクラスの学生が参加しました。

このセミナーは、これから音楽スタジオ業界に就職を目指す学生に対し、エンジニアという仕事や望まれる人材と仕事の現状について学ぶためのもので、講義形式や今回のような実技形式など定期的に機会を設けられています。

まずはスタジオグルーヴ エンジニアの金子氏から、スタジオのシステムやPro Toolsの構成、エフェクターについての説明をしていただきました。
学校のスタジオとは違う部分や、独自の工夫をしている部分など、細かく見せていただき、興味津々の様子。
160611 001160611 002160611 003

演奏ブースでは、さまざまな真空管マイクやプリアンプを自由に試させていただくことができました。
微妙な音の違いを聞き比べ、とても楽しそうな学生たち。
あちこちで「おおーっ」といった歓声も上がっていました。
160611 004160611 005

そして、今回のメインとなる吉田保氏によるデモンストレーション。
吉田氏は、これまで大滝詠一、山下達郎、竹内まりや、松田聖子、ゴスペラーズ、KinKi Kidsなど、多彩なアーティストの作品のミックスを手がけてきた、レコーディング業界の巨匠。
その吉田氏の音作りのこだわりなどを伺い、エンジニアは自身の音を表現するクリエイターでもあるということを実感することができました。
160611 006

続いては、波形編集の実演。
ミキサーとアシスタントのやり取りでOKテイクを作成していく工程を実演していただきました。
今回、アシスタント役を務めたのは、スタジオグルーヴのエンジニアでCAT卒業生の坂本真優さん。
ミキサーとの連携と、鮮やかな編集テクニックに感動!「プロの仕事」に一同驚愕です。
160611 007160611 008

津秦さんも挑戦!先輩の手ほどきを受けながらやってみるものの…。
ここでも、学校で習ったやり方だけではなく、何度も何度も練習し、経験から自分なりのやり方を見つけ出すことが大切だということを学びました。
160611 009

質問コーナーでは、学生たちの素朴な疑問にも応えていただき、予定時間を超過するというハプニングもありながら、盛況のうちにセミナーを終了しました。
160611 010

最後に吉田氏から修了証をいただきました!
お世話になった、吉田保様、スタジオグルーヴ様、一般社団法人日本音楽スタジオ協会様、ありがとうございました。
160611 011
(キャリアセンター 岡本)