大阪のダンス・音楽専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校

「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

  1. Home
  2. >
  3. > > 高槻JAZZ STREET 2019

高槻JAZZ STREET 2019

作成日:2019/05/08

毎年、グループ校の大阪アニメーションカレッジがMC参加している高槻ジャズストリートに、今回、キャットミュージックカレッジも音響/制作部門で参加させて頂きました。なんと担当会場は、高槻現代劇場文化ホール3Fレセプションルーム 。有名なプロの方々が訪れるハードル高めの会場です。

 

 

5/02(木)cathall第4回南河内軽音楽部イベント~新元号ライブ~進行中に、別グループが高槻前日仕込みのための積み込み開始、17:30を過ぎ、そのまま高槻現代劇場に向かいます。搬入チームは、少し人数が少なかったのですが、凄い速度で、搬入~セッティング~回線チェック~ある程度のSPチューニングまで完了。22:00ホールアウト!!みんな何も食べていない状況でよく頑張りました。帰り道に、「そんな大きくなくても良いでしょ・・・」というくらい大きすぎるラーメン屋さんの看板ありましたね。

 

 

さて、次の日の5/03(金)朝、どの会場も慌ただしく準備が始まります。私たちも9:00入りで、どんどんセットを詰めていきます。ミュージシャンが来るまでに、できるだけの状況をつくりたいですよね。しかし、10:00過ぎには、あの菊池ひみこさんのグループが到着。リハーサルも含めて、沢山の音を頂きました。さすがにピアノの音、素晴らしいです。学生たちに沢山聴かせて頂き感謝です。

 

そして、初日スタート。イベントは、トラブル対処しながら、できるだけ順調に運べるよう、落ち着いて対処していきます。食事も比較的近いところの場所にセットされていましたので、交代でドンドン進行していきます!!学内イベントではなく、外現場のイベントで両校の学生が、一緒になるシーンは少ないので貴重な2日間でもあります。グループ校のふたりがMC頑張ってくれています。会場は、アーティストが入れ替わっても、すぐに次のお客様が入れ替わって入場という感じで進んでいきます。

 

 

5月3日(金)  のプログラムです。

12:00 菊池ひみこトリオ

13:00 Tierra Cuatro

14:00 阪井楊子 So Many Hearts

15:00 菊池英亮カルテットwith加藤芳子

16:00 大野綾子トリオ スペシャルゲスト ウィリアムス浩子

17:00 宮下博行トリオ#3

18:00 あかぎしほ Serie AK Special

19:00 堀秀彰&馬場孝喜『Duo Tremolo』

20:00 高瀬裕 Quartet featuring Gianni Gagliardi Japan Spain friendship stage  

 

 

初日終了後、夜遅くに機材トラブルに対処すべく、学校に戻ります。

ホールアウト時間一杯まで粘り、電源のトラブルを追い込んだのは、「素晴らしい」と思います。

 

 

5/04(土)、他の企業研修に行くため、学生メンバーが少し入れ替わります。

初日、集合写真も撮れないような状況でしたので、会場ボランティアの方々、MC、技術/制作スタッフ、みんなで記念撮影。今日も頑張りましょう~。

 

 

この日も、最初の出演者わたなべゆうさんが、マネージメントの方々と早めに入ってこられました。

トラブルも会場入りすぐに解消され、夢心地な美しい1本のギターサウンドが流れます。アコギの可能性を追求されている素晴らしい音でした。リハーサルから、こんな状況でもったいないです。

 

5月4日(土)プログラム

11:00 わたなべゆう

12:00 JUNGROOVE

13:00 還元楽団

14:00 前田サラ with New Friends

15:00 十川裕加カルテット

16:00 西村有香里クインテット

17:00 星野まさきトリオ

18:00 vocal unit a.i from Tokyo

19:00 川本睦子&PHILL TRIO

20:00 桑原あい

 

 

20:45、桑原あいさんの超絶的な美しいソロピアノが終わりました。

2日間の長いようで短かった、素晴らしい演奏の数々・・・。「上手い」「テクニカル」等の表現を越えて、素晴らしいサウンドを持つ感性豊かなミュージシャンの方々の演奏を、間近で感じれた2日間でした。この体験は、将来に渡って学生たちの心に残るものだと思います。

 

 

 

終演が近づいてくると、ステージで使用しないアンプ類や譜面台、回線がスムースに撤収されていきます。桑原あいさんのピアノソロ演奏は、ピアノをセンター位置へ。ステージ上は、ピアノしかありません。その代わり裏の通用口には、山積みされたアンプ類、ドラムセット、譜面台や楽器ケース。厳しくも22:00には完全ホールアウトという事前連絡も来ています。楽器類を片付け始め「21:00過ぎには音響機材が3Fから降ろせるかなぁ・・・」と計画。終演後に始まる撤収作業。何と・・・ビックりしました、ホールアウト21:30「CAT音響チーム凄い!」という結果に。撤収的逃げ足は速くなってきましたね(^O^)。

 

今まで、あまり経験したことが無いものに対して、学生達は本当に頑張りました。本番10分前にDrセットが飛び込んでくること、普通は無いですから大丈夫です(笑)。今後に必ず生きる内容なので、色々学んだことを糧に、これからも頑張ってください!!