CAT TOPICS

ギターエンジニア専攻 工場見学レポート!

Submit to FacebookSubmit to Twitter

ギターエンジニア専攻1年生は先日、工場見学に行ってきました!

gitaen1002 1

長野~岐阜~愛知を回る、アコギありエレキあり木材ありのギター関係工場見学ツアー。
初日、バスで大阪から長野県に向かうため早朝集合です!

gitaen1002 2

さすが1年生早朝でも元気ですね。
今回は担任の私と、校長先生も同行します!!
ちなみに、楽器製作の現場を見学させていただくという目的とは別に、彼ら自身の就職活動も兼ねているため、工場見学は全員パリッとスーツで行くんです。
印象はとても大事ですもんね。

さあ、約6時間かけて一路長野へ!

一件目の訪問先は長野県・株式会社ダイナ楽器さん。
ここでは、卒業生の岡田君が案内してくれました!

gitaen1002 3 gitaen1002 4re


さすが様々なメーカーのOEM製造(他社ブランドの製品を製造すること)を行う日本屈指のギター工場。
ズラララ~っと並ぶ製品のギターと大型木工機械に、学生も興奮気味でした。
今年入社の卒業生にも遭遇!元気そうで何より!

gitaen1002 5

また自社ブランドでは、いろいろと新しい技術にチャレンジされているとのこと。
サンプルをいくつか見せていただきましたが、ギターエンジニア専攻の学生もちょうど次作のオリジナル作品を企画中。
とても良い刺激になったようでした。

gitaen1002 5.5

この日はこのまま駒ヶ根までとんぼ返りし、明日の行程に備えてホテルで一泊。

2日目も朝は早いです!
2日目最初の訪問先、株式会社高峰楽器製作所さんに向かいます!
バスの車内では朝からトランプしている学生もいました。元気ですね~

gitaen1002 6

高峰楽器製作所さんは言わずと知れた『Takamine』ブランドのエレアコ(アンプにつなぐことができるアコースティックギター)を製作されています。
入り口では、でっかいスプルース(アコギの表板に使用される木材)の丸太がお出迎え。すごい迫力…

gitaen1002 7


さすがは沢山の国内外のアーティストに愛用される『Takamine』さん!
展示ブースにはアーティストモデルがこれでもかと並んでいます!

gitaen1002 8

数年前に新しく建て替えられたという工場内はとてもきれいで、製造される楽器の品質へのこだわりが随所に感じられました。

gitaen1002 9


約20年前にCATを卒業した大先輩の卒業生からもアドバイスをもらうこともできました!

gitaen1002 10

見学でいただいたTakamineさんのカタログを眺め「アコギ欲しいな~」なんて言いながらバスは次に向かいます。
この日2件目は愛知の寺田楽器さん。

gitaen1002 11


ダイナ楽器さんと同じく「OEM工場」なので、詳しい写真は掲載できませんが、アメリカの超有名メーカーや、国内ブランドでは、この記事をご覧の皆さんも楽器店でよく見かけるであろうギターメーカーのロゴマークが入っている楽器が工場内に所狭しと並んでいました。

gitaen1002 12


寺田楽器さんは、例えるなら「超大型の楽器工房」という感じ。
製品が各部署に流れていき、大型の機械もあり分担して作業されているという意味では工場なのですが、多くの工程で職人さんの「人間の手」が入り、機械ではできない細やかな作業が行われていました。
こうやって機械と人の手をバランス良く使うことが色んなメーカーから頼りにされる工場となった秘密なんですね。

ここでもたくさんの卒業生に会いました!作業の邪魔になりそうで撮影できなかった卒業生もいますが、本当にたくさんお世話になっています!今年も先輩方に続く学生が出てくるかな?

gitaen1002 13 gitaen1002 14
gitaen1002 15 gitaen1002 16

さあ、いよいよ2日間の最終訪問先は、楽器用の木材を専門に扱っていらっしゃるアイチ木材加工さんへ!

gitaen1002 17 gitaen1002 18


普段、学校の乾燥室にストックされている木材を見ている学生たちですが、さすがにこちらはスケールが違います(笑)。
木材・もくざい・モクザイ…
またアイチ木材加工さんでは材料そのままだけでなく、納入先の楽器工場からの注文によっては楽器用に加工する作業もされています。

gitaen1002 19


様々な繋がりと相互の協力で、楽器ってできてるんですね~
ところでアイチ木材加工さんに見学に来たら、やっぱり木材が欲しくなります…
最後にストックされている木材を自由に見せていただきました。この場で木材の購入も可能!ギタエンの工場見学ではこれが恒例になっています(笑)。

gitaen1002 20


気に入った指板材を手に、購入するか激悩みする学生(笑)。
買っちゃえ買っちゃえ~

gitaen1002 21


更にここアイチ木材加工さんでも、卒業生の姿が。
ホントにたくさんのCAT卒業生が楽器業界の現場で活躍しています!!

gitaen1002 22re gitaen1002 23
gitaen1002 24

以上でギターエンジニア専攻工場見学は全行程終了!
帰りもバスに揺られ、無事にCATの校舎に帰ってきました。

gitaen1002 25

入学して半年が過ぎたギターエンジニア専攻1年生たちですが、楽器製作の現場を生で見て、また卒業生が現場で活躍する姿を見て、自分が目指す楽器業界について、また一歩深く考えるよい機会になったのではないでしょうか。
これから彼らがどんな風に楽器業界で活躍していくのか楽しみです!

gitaen1002 26

教務部・横山