「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

Home > CATで学べること > 学科・専攻 > 総合学科 総合音楽専攻

総合学科 総合音楽専攻

総合学科

総合音楽専攻

総合学科 総合音楽専攻

資格取得

●サウンドレコーディング技術認定試験 ●Pro Tools技術認定試験

ミュージシャン系・スタッフ系の両方を学び音楽業界での可能性を大きく広げる

どちらの道に進むかを決めかねているキミには「総合音楽専攻」がおすすめ。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードいずれかの演奏技術に加え、コンサート音響、照明、レコーディングなどを習得。進みたい道が決まれば、転専攻システムで他の専攻に移ることも可能です。

デビューと就職、どちらも目指せる総合的な学び!

デビュー

<目指せる職業>
ボーカリスト、キーボーディスト、ギタリスト、シンガーソングライター、ベーシスト、ドラマーなど

ミュージシャン

ミュージシャン

演奏系5パートからひとつを選択。
演奏テクニックとステージ表現力を習得します。

ステージの表現力を身に付ける!

ステージの表現力を身に付ける!ステージ実習
ステージで演奏するだけでなく、音響や照明もすべて自分たちで担当。まさに総合音楽専攻の学生にしかできない、総合力とチームワークが要求される実習です。

就職

<目指せる職業>
PAエンジニア、イベントプランナー、音楽プロデューサー、照明オペレーター、ミキサー、イベント制作スタッフ、ライブハウススタッフ、サウンドプログラマー、舞台監督、コンサート・ステージスタッフなど

技術系スタッフ

技術系スタッフ

PA、レコーディング、照明をメインに、
スタッフ系で求められる知識と技術を幅広く習得。

イベントを一からつくりあげる!

イベントを一からつくりあげる!イベント制作
スタッフ系の仕事で求められる基礎力を身に付けたら、PA、レコーディング、照明などの知識と技術をフルに活用し、ライブなどのイベントを実践さながらに制作します。

カリキュラム

ボーカルパート発声 1・2

ピッチ調整や滑舌、楽曲へのスムーズな感情移入までを指導します。授業の前にはウォーミングアップとしてストレッチから入ります。

ドラムパート演奏技術 1・2

ドラム奏法のベーシックからアドバンスな技術までを総合的に習得。スケールやコードの知識を音楽理論を絡めて学習します。

キーボードパート演奏技術 1・2

キーボード奏法のベーシックからアドバンスな技術までを総合的に習得。スケールやコードの知識を音楽理論を絡めて学習します。

● アンサンブル 1・2

「アンサンブルガイダンス」の授業とリンクし、課題曲をバンド形式で演奏。バンドアンサンブルの理解を通じて「音楽的な会話の習得」を目指します。

● PA実習 1・2

マイクケーブルの巻き方、代表的なマイクの識別をはじめ、後期では小規模PAシステムのセッティングも学習。学内の検定試験に合格すれば企業研修へ参加できます。

● アンサンブルガイダンス 1・2

「アンサンブル」授業の課題曲を各パート別に学習することで、楽曲に含まれる音楽的なニュアンスを身に付けながら、個々の歌唱・演奏技術の向上につなげます。

● フィジカルトレーニング 1・2

ポジション表・参考譜面による各フレーズの学習のほか、スケールの反復練習などメカニカルトレーニングの要素も取り入れながら、音楽的な体力の向上を目指します。

● ミキシング 1・2

ミキシングコンソールを使用し信号の流れや各部位の名称・役割など使用方法について学習。エフェクターの種類や基礎知識なども実際の機材を使いながら学びます。

● 照明実習 1・2

照明器具の取り扱いなどを学びながら、実践に近い形での「仕込み」を学習。後期からは調光操作卓の操作方法や楽曲とキューシートに合わせてオペレートを行います。

● レコーディングゼミ 2

2年次はバンドの原盤制作を中心に学習。ミュージシャンとして演奏テクニックなどを、スタッフとしてはインラインコンソールやマイクセッティングなどを学びます。

● ミュージックヒストリー1

ポップスの歴史をもとに現在の音楽シーンの成り立ちやジャンルの派生、アーティストに関する知識などを、映像や音源を交えながら学びます。

● 音響工学 1・2

「音響映像設備マニュアル」をもとに、音の基礎から用語解説、実際に現場で使用する機材の概要や構造など、エンジニアに必要な知識を講義形式で学びます。

ボーカルパート歌唱技術 1・2

腹式呼吸の理解をはじめ、身体の仕組み、声帯や横隔膜など「歌う」に関する事柄を学習。ボイストレーニングの継続を通して正しい発声法を身に付けます。

ギターパート演奏技術 1・2

ギター奏法のベーシックからアドバンスな技術までを総合的に習得。スケールやコードの知識を音楽理論を絡めて学習します。

ベースパート演奏技術 1・2

ベース奏法のベーシックからアドバンスな技術までを総合的に習得。スケールやコードの知識を音楽理論を絡めて学習します。

1/1年次で学ぶカリキュラム 2/2年次で学ぶカリキュラム 1・2/2年間通して学ぶカリキュラム

1年次の時間割例

 
19:30~11:00 アンサンブル
ガイダンス1
  照明実習1 発声1  
211:10~12:40 アンサンブル1   照明実習1 歌唱技術1  
313:30~15:00 総合音楽理論 PA実習1 ミュージック
ヒストリー
  ミキシング1
415:10~16:40 スタジオ
無料レンタル
PA実習1 音楽業界概論1 スタジオ
無料レンタル
音響工学1
516:50~18:20 5限目以降の時間はオープン授業やスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで) オープン授業 / スタジオ無料レンタル / チューターサポート / 楽器リペア工房

 

2年次の時間割例

 
19:30~11:00   レコーディングゼミ アンサンブル
ガイダンス2
  PA実習2
211:10~12:40 音響工学2 レコーディングゼミ アンサンブル2   PA実習2
313:30~15:00 照明実習2 音楽業界概論2   発声2 ミキシング2
415:10~16:40 照明実習2 スタジオ
無料レンタル
  歌唱技術2 スタジオ
無料レンタル
516:50~18:20 5限目以降の時間はオープン授業やスタジオレンタルなど、目的に応じて自由に使用することができます。
放課後(21:40まで) オープン授業 / スタジオ無料レンタル / チューターサポート / 楽器リペア工房

※カリキュラムは平成29年度予定カリキュラムです。タイトル・内容・時間割など、変更になる場合があります。

制度とイベント

転専攻システム

入学後の進路変更も、大丈夫!

入学後でも専攻を移ることができるシステムです。
学科・専攻の枠を超えて利用でき、必要に応じて早期聴講、特別補講を実施して、スムーズな転専攻を実現します。

チューターサポート

放課後も専門施設をフル活用!

放課後など課外時間もPAシステム、照明機材、映像編集室やレコーディングスタジオ、DAW実習室などを使用し、授業で習ったことの反復練習が行えます。
専門のチューター(講師)が指導にあたりますので、疑問に思っていることもすべて解消できます。

産学協同特別授業

音楽・エンタテインメント業界と連携し、学生一人ひとりがプロの現場を体験!

本物の仕事から得られる真の喜びや厳しさを知るとともに、現場のプロと交わることにより学生の域を超えたプラスαの実践力が身に付きます。
また、自分自身の現在地を確認したり、これからの方向性を見定める指針にもなるでしょう。この先プロとして活動していくあなたにとって大きな飛躍の場となる「産学協同特別授業」。CATではこのリアルな現場体験を、業界との密接なつながりを生かして数多く提供しています。

産学協同の詳細はこちら >>

オープン授業

自分だけの時間割を作ろう!

所属専攻以外の授業を学べる制度。自分の時間割の空いている時間に開講している授業から選んで受講することができます。

開設しているオープン授業一覧
ボーカル
ボイストレーニング初級
ボイストレーニング上級
歌唱実技初級
歌唱実技中級
ボーカルコーラス初級
ボーカルコーラス中級
ジャズボーカル教室
楽器演奏
ギター実技初級
ギター実技中級
ギター実技上級
アコースティックギター実技初級
ベース実技初級
ベース実技中級
ベース実技上級
ウッドベース
パーカッション
ドラム実技初級
ドラム実技中級
ドラム実技上級
キーボード実技初級
キーボード実技中級
アンサンブル
アンサンブル(ROCK)
アンサンブル(JAZZ)
アンサンブル(POP)
楽曲制作
DAW楽曲制作
レコーディング
Pro Tools講座
ダンス
ダンス初級
その他
ビジネスソフト講座
音響技術講座