「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

  1. Home
  2. >
  3.  >  >  【内定】映像音響機器が急成長する時代を背景に、主にシステム設計、レンタル・ メンテナンスを手がける技術サービス企業「株式会社シーマ」に内定!

【内定】映像音響機器が急成長する時代を背景に、主にシステム設計、レンタル・ メンテナンスを手がける技術サービス企業「株式会社シーマ」に内定!

作成日:2019/01/08

STさん
音響エンジニア専攻
大阪府立S高等学校 出身

内定先企業
株式会社シーマ

 


 

Q、就職内定を受けて率直な感想をお聞かせください。

A、よかった!とにかくほっとしています。とにかく、ココで内定をいただけたら決めるつもりでいたので嬉しかったです。

 

Q、その企業に就職を決めた理由を教えてください。

A、イベントやコンサートが好きで、音響エンジニア専攻のPAクラスで学んでいましたが、本当に自分がやりたいことは「音響」なのか?と考えるようになりました。そこで担任の先生やキャリアセンターで相談するうちに「音響」だけではなく、幅広い技術でイベントに関わることができる仕事があることを知りました。特に(株)シーマは女性の卒業生がたくさん活躍しているので魅力を感じました。

 

Q、就職活動で苦労したことは何ですか?

A、夏の暑い中、慣れないリクルートスタイルで就職活動を行ったことです。多くの企業は3月から説明会などが始まり、エントリーしてから実際に面接や試験に行くのは夏の暑い盛りになります。普段の授業や現場では動きやすい服装なので「着慣れないスーツ」「履きなれないパンプス」はとにかくツラかったです・・・。

 

Q、就職内定先で、今後どのような仕事に取り組んでいきたいですか?

A、プロジェクションマッピングなどを大きな現場で手掛けている企業なので、これから東京オリンピックや大阪万博などにも関わるかもしれません!映像機器については知らないことばかりです。頑張って仕事を覚えて現場で活躍できるようになりたいです。

 

Q、今後、就職活動に取り組んでいく後輩達にメッセージをお願いします。

A、「本当に自分が興味を持てることが何か」を考えるようにしてください。「PAを学んでいるから、PAの仕事につかなくてはいけない」のではなく、学んだことを活かせる仕事はたくさんあります。違う分野に進めば、今まで当たり前だったPAの知識技術は「特技」になると思っています。