「職業実践専門課程」認定校。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、音響、映像、照明、ダンスなどのプロを目指すため大阪の総合音楽専門学校。

  1. Home
  2. >
  3.  >  >  菅沼孝三氏&ISAO氏 特別授業

菅沼孝三氏&ISAO氏 特別授業

作成日:2018/03/02

2月19日(月)“手数王”こと菅沼孝三氏とご自身が参加しているバンド“トリムルティ”のギタリストISAO氏を招いて特別授業が行われました。

菅沼氏とISAO氏の事を知らない人の為に簡単にプロフィールを紹介します!

 


菅沼孝三/プロドラマー&ミュージシャン

「8歳よりドラムを始め、15歳でプロとしてデビュー。CHAGE&ASKAなど、国内アーティストの数多くのツアーやレコーディングに参加。完成度の高い技術、「手数王」と言う異名を取り教則ビデオや著作物も多数リリース。その他音楽誌での連載等、国内でも他に類を見ない広さで活躍中。」

 

菅沼孝三氏 オフィシャルサイト

http://www.kozosuganuma.com/

 

ISAO/8弦ギタリスト

16歳の頃友人の影響でギターを始める。高校卒業と同時に上京。 2000年、インストゥルメンタルバンド 「bright-NOA(ブライトノア)」でBMGファンハウスよりメジャーデビュー。 バンド解散後、ソロギタリストとして活動を開始。その後渡米してロスアンゼルスに4年間在住し『The Faded』のギタリストとしてハリウッドを中心に活動する傍ら、映画のサウンドトラックの制作や、Line6 U.S.Aのエンドーサーとしてスティーブ・スティーブンス、 ガンズ・アンド・ローゼス のRichard Fortusとデモンストレーションに出演する。2014年、永井敏己(B)、菅沼孝三(Dr)とのロックトリオ「Trimurti(トリムルティ)」を結成。この頃よりESPとエンドースメント契約を交わし、同社の8弦ギターをメインに使用し始める。2015年、音楽×プロレス×演劇から構成される複合エンターテイメント「魔界少女拳」、またBABYMETALの神バンドにそれぞれギタリストとして参加。


ISAO氏にとっては初のキャットでの授業。先ずはお二人に超絶技巧のトリムルティのオリジナル曲をデモ演奏していただき、シ~ンってなった空気の中(笑)授業が始まりました!お二人共にとても気さくな方で、プレイも然ることながら、トークがとても面白く、つい聞き入ってしまって肝心の演奏を忘れるくらい話のテンポが軽快でした!

これはきっと音楽にも通じる部分があるんだろうなぁと妙に納得してしまう自分がいてました(笑)。今回の特別授業のメインイベントは年度末という事もあり、演奏系1・2年アンサンブル授業の課題曲の中から1年生は「Venus」、2年生は「SPAIN」をお二人に選んでいただいて、それぞれ学生と一緒にセッションして音で会話しながら、プロの現場での注意点などを色々とアドバイスしていただくという内容の授業をお願いしました。

お二方共通して仰っていた事は、やはり歌う人がいる場合、歌を最大限に生かすような演奏をするにはどうすればいいのか?という事を説いておられました。

 

クリニック終了後、全員で記念撮影!ハイ、チーズ!

皆さんお疲れ様でした。

(教務:常田)